Outline 会社概要

未来志向のモノづくりを目指して

初の国産旅客機「YS-11」の開発とほぼ同時期に創業した当社は平成27年に創業60年を迎えました。この間、航空機はもとより航空宇宙産業は着実な歩みを続け、今日では国産のジェット旅客機を開発するまでになりました。
当社和田製作所は、航空宇宙産業の発展に寄与するべく技術の研鑚に努めると同時に、モノづくり企業として持続的な成長を果たし生き残っていくための手段、技術、姿勢について常に研究分析を重ねていきたいと考えています。

会社概要

創業 昭和30年10月
設立 昭和39年6月
資本金 1,000万円
創立者 和田重雄
代表者 和田典之
従業員 196名(平成28年1月現在)
関連会社 株式会社エアロ
株式会社ワダエンジニアリング
事業内容 ■ 航空宇宙機器の治具設計、製造及び部品製造
主要取引 三菱重工業株式会社
取引銀行 中京銀行  三菱東京UFJ銀行
岡崎信用金庫  愛知銀行

沿革

昭和30年10月 航空機エンジン鋳造用金型工場として創業
昭和38年 3月 三菱重工(株)名古屋航空機製作所の治工具製作スタート
昭和39年 6月 有限会社 和田製作所に改組
昭和53年11月 工場増設 総面積330㎡へ
昭和55年 4月 航空宇宙機器関連部品製作スタート及び工場の増設
平成 3年10月 株式会社 和田製作所に改組
平成 6年 4月 和田典之 代表取締役に就任
平成14年 4月 3次元測定機用検査室新設
平成15年 5月 ISO 9001:2000 認証取得
平成15年10月 特定労働者派遣事業届出受理
平成16年 1月 花咲工場新設(現:花咲倉庫)
平成18年 1月 春日部品工場新設(現:春日工場)
平成21年 2月 春日工場新設(平成25年4月より本社)
平成24年11月 あま工場新設
平成25年4月 春日工場を本社として登録
平成27年8月 新西枇杷島工場新設
平成28年1月 名古屋事務所新設(竜宮町菱興ビル1階)
平成29年1月 松阪事業所新設(航空機部品生産協同組合内)

組織図

受注から検査まで、部門間の連携を強化。
高度な品質を維持しながら、求められる製品をいち早くお客様にお届けするために。
受注から設計、製作、検査までそれぞれの工程を最適化するとともに、各部門間の連携も強化。
クオリティの均一化と製品づくりのスピード化を図っています。

組織図

ページの先頭へ