スペック/特徴

スペック(仕様)

本体構成

MWATCH全体写真

サイズ / 重量
35×15×47mm / 23g
電源
3.7v Li-ion充電池
充電方法
USBバスパワー充電可能
入力チャンネル
2ch
AD分解能
10bit
サンプリング周波数
1kHz
通信規格
Bluetooth2.1+EDR(Class2)
認証
国内電波法技術適合認証済み
伝送距離
10m
動作時間
約10時間(フル充電時)

交換用MWATCH専用電極パッド

交換用電極パッド

サイズ / 重量
76×35mm / 3g
信号電極間隔
24mm
電極素材
導電性ゲル
特徴
繰り返し使用可能

特徴

  • ・独自3層フィルタ設計で低ノイズ高速ピックアップ
  • ・標準2チャンネルで使いやすさを向上
  • ・Bluetoothワイヤレス通信でわずらわしい中継機が不要
  • ・チャンネルあたり最小クラスの体積比率・重量を実現
  • ・繰り返し使えるローランニングコスト電極パッドを採用
    (市販のディスポーザブル電極も使用できます)
  • ・多チャンネル化対応(最大7台の同時接続)
  • ・標準的な計測が可能な分析ソフトウェア、開発APIが標準構成で付属
  • ・完全自社開発なので、ch数・マイコン・バッテリー・他社プロトコル仕様・メモリ内蔵追加・センサ追加・形状変更・お客様製品
     への組込み対応などへ柔軟なカスタマイズ対応を行います!

※本製品は研究用機器のため臨床用途には使用できません。
※仕様については予告なく変更される場合があります。

筋電計測・分析ソフトウェア

記録データ再生・統計分析
記録データ再生・統計分析
スペクトログラム分析
スペクトログラム分析

MWATCH-101と接続し、リアルタイムでの筋電データ表示や記録データの分析を行うWindows用ソフトウェアです。

機能

波形表示
原波形 / iEMG / RMS / %MVC
波形記録
CSV出力
動画記録
DirectShow対応カメラ撮影
データ再生
動画同期 / 時系列分析 / 統計分析表示
周波数解析
平均周波数 / 中間周波数 / スペクトログラム表示
FFT変換
分析区間長 / 分析間隔 / 窓関数可変
Wavelet変換
Gabor Wavelet
動作OS
Windows 8.1, 8 / Windows 7
Windows Vista SP1以降 / Windows XP SP3以降
※ 新バージョン(1.1.0, 2014/03/07)より、
  ご利用にはライセンス認証が必要となりました。

Android ロガーアプリ

MWATCH全体写真

  • ・MWATCH-101の筋電データをAndroid 端末で
     リアルタイム表示、記録、再生を可能とするアプリです。
  • ・MWATCH-101を3台(6ch)まで接続可能、
     より手軽に筋電計測を可能とします。
  • ・記録データはcsv形式で保存されます。
  • ・Android端末をUSB接続して記録データをPCへ転送、
     MWATCH-101付属の基本分析ソフトウェアで
     読込むことも可能です。

※ Android 4.0 以降対応
  Google Nexus7(2013年モデル)にて動作確認済み

※ MWATCH-101購入者向けダウンロードサイトにて配信中